おしゃれで機能的な家に生まれ変わるためのリフォーム&リノベーション情報サイト

Refo-Reno

マンションリフォーム

マンションでリフォームをするときは何に気を付ける?

投稿日:

Pocket

マンションのリフォームは一戸建ての住宅とは違い、たくさんの住宅が同じ建物で暮らしているためより気を付けてリフォームをしていく必要があります。リフォームできる内容も周囲への配慮も気をつけたいことがたくさんあります。

 

マンションのリフォームをするとき、何に気をつければいいのか普通はわからないでしょう。リフォームするときも建物の構造が戸建て住宅とは全く違うためマンションに合わせた材料を選び、マンションに合わせた施工方法でリフォームしていかなければなりません。

 

 

マンションリフォームで気をつけなければいけないことって何?

 マンションでリフォームする前に知っておきたい基礎知識はある?

マンションには専有部分と共用部分があり、マンションの建物のスペースは全てどちらかに属しています。専有部分と共用部分はどこで分かれているのかというと、敷地の所有権がマンションと個人のどちらにあるかによって分かれてきます。

 

簡単に区分けしていくと、各戸の室内の居住スペースは専有部分となり個人に所有権があります。よく中古マンションをリノベーションするときに室内の天井も壁も床も全て壊しているのは、専有部分の中なのでどのように改装しても問題ないからです。

 

天井や壁や床を壊していくとマンションの建物の躯体部分になるコンクリートが出てくるのですが、この躯体コンクリート部分はマンションの所有物となるため勝手にリフォームすることができない場所になります。

 

各戸の室内とは、この天井・壁・床の躯体コンクリートに囲まれた内部のことを指します。隣り合う部屋を所有している場合に壁をくり抜いて二部屋を繋げることなどは共有部分をさわることになるのでできません。

 

分かりやすい共用部分としては、マンションの住民全てが利用するエントランスやエレベーターや共用廊下や階段や屋上などは説明しなくても共用部分とわかっていただけると思います。

 

意外にも専有部分に含まれないのは部屋によってあることもある専用の庭やベランダやバルコニーは専有部分には含まれません。また、外壁や玄関ドアや掃出し窓や中窓なども共用部分となり、マンションに所有権がありますので勝手に取り替えることはできません。

 

共用部分であるベランダなどに勝手にタイルを張ったりすると管理規約違反になることがありますので、もしタイルなどで見た目をきれいにしたかったら、張りつけるのではなく置き敷くタイプにし、注意されたときはすぐに元の状態に復旧できるようにしましょう。

 

総合すると、玄関を入ってからベランダへ出るまでの間はあまり気にすることなくリフォームができるので、比較的自由度は高いと言えます。

 

 

マンションのリフォームで難しいことってなに?

マンションリフォームは室内を全部解体してしまっても大丈夫なほど自由にリフォームができてしまいますが、問題なのは壊してしまった後の復旧作業です。

 

マンションは部屋の廻り全てをコンクリートで囲まれているため、新たに下地を組もうと思った際に下地を固定する場所が無くなってしまいます。固定する下地が無いと天井や壁が躯体から浮いた状態になり、下地の重さを支えることができなくなってしまいます。

 

特に広いスペースを作りたい時などは壁から壁までの距離が長くなるため、天井の下地が重さに耐えられず中央からたわんできてしまう可能性が高くなります。

 

建築当初は決められた間取りに合わせて躯体コンクリート内の必要な場所に下地となる木材を埋め込んだり、ボルトで支えられるようにボルト受けを埋め込んでおいたりなど予め準備しておくことができるので天井が垂れ下がってしまう心配はありません。

 

マンションの構造として、給水や給湯や排水の配管材は床の躯体コンクリートの上に置くように配管していくのですが、排水管は水がきちんと流れるように水勾配を取って配管する必要があります。間取り変更の際はこの水勾配に気を付けて考えていかないと、排水管を取り出したいと思う位置まで配管を延長することができないことがあります。

 

なぜできないのかというと、配管材は床下地の下に収まるように配管しなければならず、水勾配を取るということは配管を延長すればするほど配管が高くなり、いつか床下地に当たってしまうからです。

 

床を高くすればいいのではないかと考えるかもしれませんが、床を高くするためには一度床を解体し、配管の干渉しない高さで床下地を組み直す必要があります。また、床が上がることで天井までの距離が近くなり、圧迫感が増します。

 

今度は天井も高くすれば良いのではないかと考えるかもしれませんが、天井を高くしようと思っても、マンションは電気配線の他に排気ダクトなどが天井裏を通っていることがあり、天井を高くできる範囲にある程度制限がついてしまうことから、むやみに天井を高くすることはできません

 

マンションは躯体コンクリートの内側で下地を組んでいくため、戸建て住宅のように柱がしっかりと固定されているわけではありません。解体の際は残す部分に気を付けて壊していかないと、他の部分も一緒に傷めてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

解体しづらい場所としては、廊下の天井や廊下の床などは廻りの壁と干渉する部分が多いためきれいに解体できない場所になります。廊下の天井と床を解体するときは一緒に壁の石膏ボード下地もめくる必要が出てくるでしょう。

 

廊下の天井裏は電気配線や排気ダクトなどが通っていることが多いので高さを取りづらい場所にもなっています。

無理をして間取りの変更や下地の組み直しをしようとすると、無駄な工事が増えるうえにリフォーム費用も高くなってしまうので、本当に必要な工事なのかをリフォーム会社と相談しながら決めていくようにしましょう。

 

 

周囲への気遣いなどはどうしたらいい?

マンションのリフォームの場合、きちんとした管理会社が管理しているところではリフォーム前に承諾書を用意する必要があります。上下左右の部屋に挨拶をすることが義務付けられ、リフォームに関する管理組合長の了承とサインが必要なことが多いです。

 

場合によっては上下左右と斜めの部屋の全ての人からサインをもらうように指定がある管理会社もあります。承諾書に関しては施主が行う場合とリフォーム会社が行う場合がありますが、どちらにしても上下2階程度と同じ階の住民にはリフォームを行う旨をリフォーム工事前までに一度挨拶しておいた方が良いでしょう。

 

マンションリフォームで多いクレームとして、リフォーム工事で発生する音でクレームが入る事が多々あります。夜勤勤めの人がちょうど寝ている時間帯に工事が行われるため、騒音で寝ることができないなどのクレームがリフォーム会社に入る事はよくある話ですし、直接リフォーム現場になっている家まで怒りに来る人もいます。

 

予め施主側から迷惑をかける旨を住民に伝えておくことで、こうしたトラブルを少しでも減らすことができます。建物がつながっているので振動で数階下や上の住民でも大きな音が響くことになります。マンションのリフォームでは周囲の住民へしっかりとあいさつをしておくことをおすすめします。

 

また、リフォームにあたり室内に置いておくことができなくなった荷物を共有部分の廊下へいろいろ置きっぱなしにしてしまうのもあまり良くないので、廊下へは必要最低限の荷物を置く程度にしておきましょう。

 

 

まとめ

マンションのリフォームは専有部分と共用部分があり、専有部分に当たる室内のみ自由にリフォームが可能です。窓やベランダや玄関などは勝手にリフォームすることができないことを念頭に入れてリフォームを考えていきましょう。間取りを考える時は位置を変えられない窓などを基準に考えていくと考えやすいです。

 

マンションリフォームで一番大事なのは周囲に住む住民の方への配慮です。建物が続いてしまっていることで音などの迷惑はダイレクトに伝わります。周りに住んでいる方が起こっている状態でリフォームをするのはあまり気分の良いものではありませんよね。

 

リフォーム後も近くに住むことになるのですから、近所トラブルにならないためにも先にこちらから挨拶に伺い、相手に気持ちに余裕を持ってもらうようにしておきましょう。

-マンションリフォーム

Copyright© Refo-Reno , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.