おしゃれで機能的な家に生まれ変わるためのリフォーム&リノベーション情報サイト

Refo-Reno

内装リフォーム

おすすめの色や柄合わせってどうすればわかる?内装仕上げで悩む色柄選びを楽にする方法

更新日:

Pocket

リフォームで行われる工事の中でも特に多いものの一つに、壁や天井のクロス貼り替えや床材の張り替えがあります。特に天井や壁のクロス選びは豊富にあるクロスの中から一つを選ばなければならないため、目移りしてしまい選ぶのに時間がかかります。

使用する材料は決まったけれど、その中からどの色や柄が合うのか分からず決めきれない時に特に役に立つ情報です。

たくさんある候補の中から絞り込むコツを知っていれば楽に選ぶことができるはずです。豊富にある内装材において色や柄を選択していくのはもちろんのこと、特に種類の多いクロスについても細かく分析します。

クロスを場所ごとに貼り分け数種類使用する場合などについても、その貼り分け方や色柄の組み合わせ方を提案していきます。

使いたい材料は決まったけれども、色や柄が決められない

使いたい材料が決まったけれどもその中から一つに選ぶ決め手がなく迷ってしまうことってありますよね。天井、壁、床のそれぞれで選ぶ基準の参考になるポイントをお教えします。

天井

天井は実際に手で触れることがなく目線も遠くなるため、細かい柄のものはどれもベースに使用されている色に見えます。白色ベースであれば白く見え、クリーム色ベースであればクリーム色に見えます。天井を高く見せるためにはなるべく明るい色を選ぶのがコツです。

リビングやダイニングやキッチンや廊下などは天井が高く見えるように明るい白色やクリーム色や薄いベージュ色や薄いグレー系がおすすめです。廊下などの太陽光が入りにくいスペースは少ない照明の光を効果的に反射し拡散する必要があるため、白色ベースの方がより明るい印象となります。

元々暗い配色の部屋を明るくしたい時は白色がおすすめですが、その他のスペースは白よりも多少色のついたものの方が経年劣化による色のくすみがわかりにくいため、長期間使用しても古くなった印象を受けづらくおすすめです。

寝室はリラックスして過ごすことができるように、少し暗めの色味のものを取り入れていただくのも良いですね。

柄のはっきりしたゴージャスな天井にしたい希望があれば、柄は大柄のものを選んでいただくと遠目でもしっかりと柄が見えるようになります。

この時、柄の部分とベースになる色がくっきり分かれていると柄が大きくなればなるほど目立ちすぎてしまい、部屋全体がごちゃごちゃした印象になってしまいます。色のコントラストと柄のバランスを見て柄のサイズ選びをする必要があります。

ベースも柄も全て白で統一され、柄の部分だけ凹凸のあるようなデザインであれば大きな柄でも上品に仕上がります。

リフォームでクロスを使用する場合に気を付けていただきたいことは、天井は照明の明かりに真横から照らされるため、少し段差があるだけでも段差が影となってしまいとても悪目立ちしてしまいます。そのためクロス選びには注意が必要です。

クロスを貼りかえる際は現在貼ってあるクロスをめくってから新しいクロスを貼るのですが、元々のクロスの裏紙が通常薄く残るものなのですが、場所によっては一緒に裏紙もめくれてきてしまいます。

このコンマ数ミリの段差も自分で選択したクロスの厚みが薄いとそのまま拾って表面に段差として出てきてしまうため、クロス貼り替えの際は天井のクロスは特に厚みのあるものを選ぶ必要があります。

新築などの新規で天井下地を造作する場合にはそこまで気にしなくても良いですが、多少の段差は必ずできるものなので気になる方は厚みのあるものから選択するようにしてください。

壁は壁の見える分量や使用している家具などで色や柄を選んでいくと決めやすいです。

使用する部屋や材料によって変わってきますが、リビングダイニングや居間などの長時間過ごすことになるスペースは見飽きてしまわないようベースとなる色は白色やクリーム色のようなベーシックな色を基調としつつ、窓や戸の無い壁面のみアクセントをもたせたりするとおしゃれになります。

羽目板や化粧合板のような木目柄のものを使用するのであれば、木目柄全体で統一感を出すとすっきりと納まるため、床の色に近い色や木製の家具や建具の色と合わせてあげると良いです。

アクセントにタイルや色柄物のクロスなどを使用するのであれば、部屋の飾りに使用している小物やソファやテーブルなどの好み色物と色を合わせると統一感が出ておしゃれに仕上がります。

部屋が南向きで太陽光がたくさん入る部屋の場合は真っ白な色を選んでしまうと光を反射しすぎて眩しく感じてしまうので、クリーム色や薄いベージュ系や薄いグレー系を選んでいただく方がおすすめです。

トイレや洗面室などは空間としてとても狭い場所になるので、色や柄の主張があるものを選んでもあまりくどくならない空間になります。クロスなどは種類が豊富なため、少し派手かな?と思うようなものを貼っても、実際に貼ってみると意外としっくりきます。

壁全体に色や柄を使うとさすがにくどくなってしまうので、全体に使用するのではなくアクセントとして色や柄で遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか。

子供部屋などはお子様の好みに合わせてキャラクター柄や夜光のタイプを選ぶのもとても可愛いです。お子様に人気のクロスとしては天井は空の柄のクロスや夜光タイプのものが人気で、壁は好きな色のクロスなどが人気です。

ドアを開けて見える壁面のみ好みの色のものに変えてあげたりしても、個々の部屋である特別感が増し部屋に愛着を持って使用してくれるようになるかもしれません。兄弟が同じ部屋であったとしても壁の色によってスペースを分けることが可能となります。

色分けをする場合は質感や柄が同じもので色だけ違うものを選ぶようにすれば違和感なく分けることができます。無地柄と柄ものであれば無地に白系を使用すれば他はあまり気にする必要はありません。

部屋の中で色分けをするときは色の繋ぎ目は必ず壁の入隅の部分で繋ぐようにしてください。出隅で繋いでしまうと繋ぎ目の部分が割れてきてしまい隙間ができてしまうので、必ず片方に被せて施工できる入隅の部分で色を繋ぐようにしましょう。

壁の場合でもリフォームでクロス貼り替えをするときは段差に気を付ける必要があります。

めくってみないとどれくらいの段差ができてしまうかわからないので、天井と同じように貼り上りに段差があると気になる方やデコボコするのが心配な方は基本的にはリフォーム向けのクロスの中でも厚手を選択しましょう。

色物や柄物を選びたい場合の注意点としては、色や柄があるクロスは新築用に豊富にラインナップされているため、リフォーム向けにはあまり種類がありません。

クロスを新築向けから選ぶときはほとんどの場合薄いクロスを選ぶことになり、壁の下地の段差を拾ってしまうことを十分に理解しておく必要があります。

床は目線の下方にあるため普段の生活ではあまり注目しない部分になります。

しかし、床面積自体はとても広いため部屋全体に与える影響は大きいです。明るい雰囲気にしたい時は白やクリーム色や明るいグレーなどを選ぶと部屋全体が明るくなり、落ち着いた雰囲気の部屋にしたい時は濃い茶色やグレー系などにすると部屋が引き締まって見え、落ち着いた大人の雰囲気のある部屋にすることができます。

好みの部屋の印象に合わせて床材の明るさを選ぶようにしましょう。

木目柄のフロアー材を使用するときのフロアー材の色の選び方は、好みの明るさの木目があればそれを選んでいただいて結構ですが、特にこだわりが無く床だけ他と違う浮いた印象にしたくないときは、現在ついている巾木やドアなどの建具に使用されている色を基準に選んでいただくと、床材を張った後部屋に上手くマッチします。

ドアなどの建具が無地の白等であれば室内に置かれている木目調の家具に合わせていくのも良いでしょう。

また、オーク柄などの木目がはっきりしているものや木の色も少し色のついた中間色から暗い色のほうが床に落ちた髪の毛などの黒いゴミが目立ちにくくなります。ただ、色が濃い床材はホコリなどの白いゴミが目立ちやすかったり、人が歩いた部分が皮脂汚れで白く目立ったりすることがあります。

どちらもなるべくわからないようにしたいのであれば中間色の木目を選んでいただくのが良いと思われますが、昔からよく使われているため古い印象を受けるでしょう。

カーペットは施工方法で選ぶことができる種類が限られることがあります。部屋の端に針のようなものがついた木材が固定してありそこに引っ掛けるように張っていくものと、直接ボンドで貼り付けていくものなどがあります。

マンションなどは階下の部屋に足音が響かないよう遮音材が張り付けてあるものを使用しなければいけない場合もあるので、事前に確認が必要です。施工方法から選べるカーペット材が決まったら、毛足の長さや毛玉の出具合などである程度絞り込んだ後、色を選ぶことになるはずです。

よく使われるカーペット材以外はあまり色に種類がないでしょうから、これは単純に好みの色を選んでいただいて良いと思います。

時々濃い色のものがありますが、濃い赤などは飽きやすく目も気分も疲れやすいためあまりおすすめしません。濃い色にするならば緑や紺やグレーあたりの飽きにくい色の方が良いでしょう。

その他の床材ですと、クッションフロアーが一般的です。家庭では洗面脱衣室やトイレでよく使用されているので一度は見かけたことがある材料でしょう。

色柄が豊富なため選ぶのも迷ってしまいやすいです。メーカーによってはクロスの柄とリンクする柄のクッションフロアーが作られていることがあります。

壁と床の色や柄がリンクしているだけで簡単におしゃれな空間にすることができます。柄も凸凹のあるタイプとプリントのみのタイプがあり、フラットな表面のものであれば雑巾がけなどをしても溝がないためゴミが引っかからずストレスなく掃除ができます。

長く使用するものなので少しゴミが溜まりやすいと少しずつ蓄積して汚れが取れなくなってしまうので、清掃性を重視される方は溝のないタイプを選ぶようにしましょう。

洗面室もトイレも面積が狭いので、柄のあるものを選ぶときは大柄過ぎないものを選びましょう。あまり柄が大きいときちんと柄を見せて貼ることができず想像と違った印象になりかねないので注意が必要です。

まとめ

内装の仕上げは部屋の印象を決める一番大事なポイントです。ちょっとした工夫でがらりと印象を変えることができます。内装の仕上げは色や柄に少しこだわって、自分の家に合ったおしゃれな空間を演出しましょう。

色合わせに気を付けて選んでいけば大きな失敗はないはずです。今ある建具や家具との相性も考慮し、リフォームする部屋ごとに遊びを加えつつ選んでいければリフォームして良かったと思える仕上がりにきっとなるはずです。

-内装リフォーム

Copyright© Refo-Reno , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.