おしゃれで機能的な家に生まれ変わるためのリフォーム&リノベーション情報サイト

Refo-Reno

お風呂のリフォーム

プロが思うおすすめのシステムバスってどれ?メーカーの特徴やおすすめ機能を紹介します

更新日:

Pocket

各メーカーから多種多様にラインナップされ、何がいいのかわからないくらい種類が増えました。リフォームをすることになって初めてシステムバスについて調べ始めた方には正直比較のしようもないと思います。

リフォームのプロがおすすめしたい機能を各メーカーから選りすぐりました。

豊富にあるシステムバスの中から、メーカー担当者が自信を持っておすすめした機能や実際にショールームで見たり、聞いたり、触って感じた、これは良い!凄い!と思った機能を紹介していきます。

システムバスに搭載されるおすすめの機能を教えて?

いろいろなメーカーからいろいろなシステムバスが販売されています。システムバスを選ぶには何を決め手にしてメーカーを選ぶのかが重要になります。

価格で選ぶなら

費用重視の方は大手のTOTOかLIXILの一番お値打ちなシリーズになるでしょう。

TOTOもLIXILも住宅の水廻りの設備機器に関して、第一線で業界を引っ張ってきました。この二社が搭載する新機能は次第にその他のメーカーが真似をしだし、やがて定番となってきました。

TOTOとLIXILは壁パネルのラインナップなども良く似ており、細かい仕様の違いやリフォーム会社ごとに違う割引率などで大体どちらを選ぶかが決まります。

TOTOは浴び心地の良いシャワーや柔らかい踏み心地の床などユーザーが肌に触れてわかるような機能を得意としており、LIXILは清掃性に特化した印象で排水口やくすみやすい鏡や床などバスルーム内のあらゆる場所をきれいに保つための機能を得意としています。

どちらも素晴らしいメーカーでその他のメーカーにも似たような機能を持つものはありますが、やはり一番に新機能を搭載していく開発力と、そこからよりよいものにするために行う企業努力は、どこもこの二社にはかなわないでしょう。

長年にわたりシステムバスをつくってきたメーカーの安心感と素早く的確なアフターフォローもユーザーが他へ目移りしない理由の一つとも言えるでしょう。迷ったらまずはこの二社のショールームへ足を運んでみてください。

ここからはたくさんのメーカーとシリーズを見てきた中から個人的主観と偏見で良い機能だと思ったものをいくつかご紹介します。

素足で乗ってもひやっとしない、畳のような柔らかさ TOTO お掃除ラクラクほっカラリ床

初めてこの床をショールームで見た時はあまりの柔らかさに感動したことを覚えています。登場から数年経過しどんどん機能も見た目も進化してきました。水廻りに強いTOTOらしいユーザー目線の機能性です。

乗ってみると本当に柔らかいことにまず驚きます。従来品は水はけと掃除のしやすさのみを考えて溝のついた表面は固いものでした。

ほっカラリ床は水はけの良さはそのままに、間に断熱材を挟むことによりクッション効果を得ることもでき、膝をついても痛くない柔らかな床を実現しました。クッション材により断熱効果も得られるため、お風呂に入る時の一歩目のひやっとした間隔も軽減することができました。

現在、表面の材質もラインナップが増え、タイル調のものは遠目に見ると本当にタイルのようで、その艶のある仕上がりにより高級感も演出できます。本当におすすめの床です。

滑りにくい床ならこれ! クリナップ 足ピタフロア

いろいろなメーカーのシステムバスの床に乗ってきましたが、本当に滑らないと感動したのはクリナップの足ピタフロアだけです。

水に濡れても滑りにくいと謳ってありますが、水に濡れることでより滑らなくなる印象でした。通常の浴槽に比べ凹凸ができるため清掃性は下がるものの、この足ピタフロアの構造は滑りやすい浴槽の底面にも搭載可能です。

また、クリナップは独自の手すりの配置で入り口から浴槽まで一連の動作を手すりで補助できるプランもあります。

手すりは握りやすい形状にもこだわっており、一人でお風呂に入るのに不安を感じる方へとても優しいつくりになっています。足元に不安を感じたり手すりが必要な高齢者の方に特におすすめです。

シャワーヘッドで節水効果◎ TOTO エアインシャワー

水栓金具もお得意のTOTOからもう一つ。節水効果の高いシャワーヘッドがおすすめです。エアインシャワーという製品なのですが、特殊な機構により水に空気を含ませて出水します。

節水シャワーヘッドは水の勢いが弱く浴び心地が物足りないという方も多いはず。しかし、このシャワーヘッドは浴び心地にもとことんこだわりっています。

水の粒を大粒化することで従来品よりも格段に浴び心地が良くなっています。実際にショールームで触らせてもらいましたがかなり勢いがある感触でした。

一つ気になるとしたらシャワーヘッドが大きいため、お子様には少し持ちづらいかもしれない事です。節水効果も通常のものに比べ35%程度向上しますので、おすすめの商品です。

長くきれいを保つ浴槽 トクラスが誇る独自の技術で作った特殊なバスタブ素材

独自技術の人造大理石をつくっているのがトクラスです。

現在は、うつくし浴槽「スターク」と言う名称でラインナップされているようです。密度の濃い人造大理石は表面の凸凹が無く滑らかな肌触りです。10年たっても美しさがほとんど損なわれない事が売りの浴槽です。

キッチンをはじめ日本国内で生産されている人造大理石の中ではその質感とお手入れ性能は群を抜いておりおすすめです。

つるつるの肌触りが気持ちいい! パナソニック 有機ガラス系人造大理石浴槽

つるつる感で比較するとパナソニックの人造大理石浴槽の方が少々上かもしれません。入ったら滑るんじゃないか!?と思うくらいつるつるです。

見た目の美しさとセンスの良さはピカイチのパナソニックが誇る人造大理石は、独自の加工を施した有機ガラス系の新素材です。撥水、撥油成分を配合しているため汚れが付きにくく落としやすいのも良いですね。

パナソニックは見た目のおしゃれさは他のメーカーと比較しても抜群にかっこいいのですが、ネーミングセンスがどこよりもダサいのだけが本当に残念です(笑)

 その他贅沢だけど一度は入れてみたいオプション

照明器具も作っているからこそ実現した パナソニックのおしゃれなラインLED照明

通常は天井や壁に複数設置される照明か、おしゃれさを考慮して頑張っても埋め込みのダウンライトが限界だったシステムバスの照明に、パナソニックのおしゃれな照明がバスルームにも搭載されることで革命を起こしました。

天井の中央をまっすぐに走る細い埋め込みのフラットラインLED照明はバスルーム全体を明るく照らし、その明るさは壁付の照明やダウンライトを凌ぎます。

また、壁際に一線についたウォールラインLED照明をつけると間接照明としてバスルーム内を照らし、壁に反射した明かりが上質な空間を演出します。おしゃれなシステムバスルームならパナソニックに決まりですね!

ただし、価格はTOTOやLIXILなどに比べるとお高めになりますので予算に余裕のある方へおすすめします。

お風呂のリラックスライムを快適に! トクラス サウンドシャワー

トクラスからもう一つ、ちょっと贅沢なオプションですが浴室につけられるスピーカーの紹介です。

接続できる機器はほとんどの音源機器に対応しており、床に置いた機器にも接続できるように2Mの入力コードが付属しています。

トクラスが名称変更前はYAMAHAだったことを知らない方もいるでしょうが、このスピーカーは浴室空間に適したスピーカーとなっており、の得意なYAMAHAらしいさすがの音響設備です。

音楽を聴きながら、ラジオを聴きながら、CDを聞きながらと毎日のお風呂が楽しくなるオプションです。

ミクロの泡でお肌しっとり!マイクロバブルのお風呂

各社から似たようなオプションが出ていることや給湯器でもその機能が取り入れられること、またその機能性は大きく変わらないため機能だけご紹介します。

システムバスでは酸素美泡湯やうるおい浴+、給湯器ではマイクロバブルなどいろいろな名前でオプションとして紹介されていますが、そのどれもが細かい泡を浴槽のお湯に発生させる機能です。

この機能を使用すると浴槽のお湯に酸素を含んだミクロの泡を加えることで白いお湯に変えていきます。

細かい泡で体を包み込み、ぬるめのお湯にしっかりつかることで湯冷めしにくくなります。微細な気泡が角栓を分解し柔らかくしたのち付着することで肌をきれいにする効果も期待できるそうです。

ミクロの泡が肌への水分浸透を助け、お風呂上りも肌がしっとりと長続きします。乾燥に悩む女性などにおすすめです。

まとめ

システムバスルームのおすすめ機能を紹介してみました。長く選ばれる機能は本当に良いとみんなが思った機能です。もちろん新しいものの中にも良いものはあります。

水廻りの設備機器は1年~2年でマイナーチェンジやモデルチェンジが繰り返される業界ですから、月日の経つごとにどんどん新しい機能が登場しています。

これからもっともっといい機能ができるはずです。いろいろ見比べて自分が本当に欲しいと思える機能を見つけてくださいね。

-お風呂のリフォーム

Copyright© Refo-Reno , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.