おしゃれで機能的な家に生まれ変わるためのリフォーム&リノベーション情報サイト

Refo-Reno

リフォームコラム

放置しすぎはダメ!外壁リフォームのタイミングとリフォームの方法

投稿日:

Pocket

住宅の外壁は自然の影響を受けゆっくりと時間をかけて劣化していきます。雨や紫外線、酸性雨などいろいろなものの影響を受けているのです。外壁のリフォームをするときはどんな理由で、どのような方法を選んでリフォームをするものなのでしょうか。

 

一戸建てを持ち家として所有していると経年劣化で悪くなった部分は自身で保全していかなければなりません。長年放置すると状況はどんどん悪くなり余計に費用が掛かる羽目になってしまいます。

 

 

外壁リフォームについて教えて?

外壁をそのまま放置すると何が起こる?

住宅の外壁材として使用されるものにはサイディングや板金、タイルなどいろいろなものがあります。中でも多く使用されているのはサイディングでしょう。古い住宅では板金が多く使用されています。

 

サイディングは定期的にメンテナンスをしないとサイディングが雨をきちんとはじく事ができず、外壁材としての役割を果たすことができなくなります。サイディング表面の塗膜が劣化すると内部に水分が浸透し内側から外壁材が膨れ破壊されていきます。

 

サイディング材は施工当初は意匠性の高い色や柄に塗装されているものがあり、そのデザインが好みで選んだような場合は劣化前に手入れをしていかないと意匠性が損なわれていきます。柄となっている層の上に柄を守るための塗膜が施されています。

 

保護の役割を持つ塗膜が劣化し膜が無くなってきてしまうと、いよいよ柄の部分が直接外部の影響を受けるようになります。保護膜は薄いため、5年~10年以内に塗装をし直してあげないと意匠性を保つことが難しくなります。

 

外壁に板金を使用していると金属板のため劣化が始まると端から腐食してきます。放置し続けることで錆が広がり腐食箇所からどんどん劣化が進みます。金属を保護する塗膜は高温で焼き付け塗装がされているため、サイディングなどと比べると腐食が始まるまでの期間は長めになります。

 

しかし、一度腐食が始まると浸食を止めることができなくなるので、完全に錆びついてしまう前に表面を保護し直す必要があります。サイディングと同じように塗装をすることで表面をコーティングし直すことができます。

 

タイルや焼き物を使用したサイディングなどはその後の手入れが必要ないと謳われたものもあります。一部には専用のクリアー塗装を施した方が良い場合もありますが、ほとんどのものは施工後そのままの状態でも外壁材としての機能を損なわないためとても優秀です。

 

後のメンテナンスにあまり費用が掛からない分、建築当初の費用がサイディングや板金に比べ高額になります。柄を生かして表面を保護し直すときは元の色を生かすためにクリアー色の塗料を使用しなければいけません。

 

しかし、柄のあるサイディングを使用している人でも実際は多くの人が15年以上経過しないとなかなか塗り直しをされません。そうなると保護膜は既に劣化し、その下の柄のある層も劣化していることがほとんどです。元の色を生かすことができなくなったときは上から新しく別の色で塗りつぶし表面を化粧し直す必要があります。

 

 

外壁材をリフォームするタイミングの見分け方は?

手入れをしなければならない外壁材として代表的なサイディングは表面が劣化してくると外壁材の表面に粉が吹いたようになります。手で触った時に掌が白くなったら外壁をリフォームするサインです。太陽のよく当たる南面、西面から劣化が始まることが多く、そのあとに東面、北面とどんどん劣化の範囲が広がっていきます。

 

サイディングの場合はサイディングを繋いでいるシリコンシーリングの劣化が一番早く、よく日の当たる場所はひび割れてきます。ひび割れは劣化がひと目でわかりますが、シーリング部分を指で押したときに弾力がない箇所も内部まで劣化が進んでいる証拠です。

 

板金もサイディングと同様に表面の塗膜が劣化してくると外壁材の表面が粉をふいたようになります。やはり手で触った時に掌が白くなったら外壁をリフォームするサインです。外壁材を切った場所は塗膜がなくなるため錆びやすい箇所になります。

 

外壁の下から錆びたり、板金を止めている釘から錆びたりするので、錆が出ていないかを確認することが大切です。錆を見つけたら全面的に手を入れなくても、錆び始めてしまった箇所の錆を落とし、錆止めを塗布することで腐食の速度を遅くすることが可能です。

 

 

外壁のリフォームの方法はなにがある?

外壁リフォームといえば、外壁塗装工事が思い浮かぶでしょう。一番手軽に行うことができ、費用面でも外壁リフォームの中では一番お値打ちになっています。

 

外壁塗装工事は表面の塗膜の劣化により行うことがほとんどですが、せっかく外壁塗装を行うのですから何かしらの付加価値も欲しいという方は塗料にもこだわりを持って選ばれます。

 

使用する塗料にも種類があり、アクリル系やシリコン系やフッ素系、油性や水性などいろいろあります。外壁材に合わせて相性のいい塗料を選ぶようにしましょう。どの塗料を選ぶのかで耐久年数は3年~5年程度変わり、費用も数十万単位で変わってきます。

 

機能性も持たせた塗料ですと、遮熱効果のある塗料もあります。塗装なので大きな効果は期待できませんが、家が暑くて夏の冷房の効きが悪いことなどが体感できるようであれば取り入れていただくと少しは効果を感じていただけるかもしれません。

 

家の断熱は外壁内の断熱材がしっかり入っていなければ外壁の塗料を遮熱タイプに変えても外気温の影響から家中が暑くなってしまうので、根本からの対策とは言えず効果は薄くなります。外気の影響を少しでも抑えたいのであれば、窓ガラスを二重ガラスに変更する方が窓から受ける外気温の影響を抑えることができるでしょう。

 

外壁材がサイディングなどの場合に劣化が進みすぎて内部に水がまわり膨れてしまっている場合はサイディングを張りかえる必要があります。サイディングは床材のようにサイディング同士を重ねあわせて張っていくため、部分的な補修はきれいに仕上げることが難しいです。

 

重ねあわせるのは防水性を高めるためなので、補修となると重ねあわせが無くなり防水性が低くなります。シーリングで防水性を確保しなければならないため、シーリングが切れると水が浸透してしまいます。部分的な補修はのちのメンテナンスに気を付けて見ていただく必要があるでしょう。

 

全面的に張りかえる場合は一度全て撤去してから張り替えた方が良いのですが、上から重ね張りする方法もあります。過去に訪問販売などで流行ったこともありましたが、元の外壁材と上から張る外壁材の間が結露し、元の外壁材が水浸しのような状態になって目には見えないところで建物を傷めていることがあります。

 

ガルバリウム鋼板などの外壁板金材を使用して外壁をリフォームするときはおそらく張り替えになる時でしょう。板金は釘のみで止められているため部分的な補修もしやすいです。釘を一部外し少し浮かせれば重ね合せながら張ることができるからです。

 

外壁板金材も重ね合せながら張ることで防水性を高めています。全面的に張る場合は上から張ることも、全て撤去して張り直すことも可能です。外壁材の中には板金の間に断熱材が詰まっているものもあり、元々外壁の断熱性が低い住宅では外壁材を張り替えることで住宅の断熱性を高めることができます。

 

 

まとめ

外壁リフォームは費用が高いため、なかなか早めに行うことができないリフォームになります。しかし、放置すればするほど余計な費用が掛かることになります。可能な限り外壁塗装なら10年~15年スパンでリフォームしていただきたいです。

 

張り替えはもっと長いスパンで見ていただいても良いですが、確実に塗り替えていただいた方がお値打ちに済みますので、家を建ててから30年~40年を過ぎたころに検討していただいた方が良いと思います。選ぶ材料によっては付加価値も得られるので張り替えの際は住宅の種類と費用に合わせて選びましょう。

-リフォームコラム

Copyright© Refo-Reno , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.