おしゃれで機能的な家に生まれ変わるためのリフォーム&リノベーション情報サイト

Refo-Reno

リフォームコラム

二世帯住宅へリフォームするときはどんなリフォームをすればいいの?

投稿日:

Pocket

二世帯住宅にリフォームするためには親世帯と子世帯のどちらの要望もとりいれつつ、お互いが気持ちよく生活できるような空間を目指して間取りを設計していかなければなりません。

 

親世帯と子世帯が同じ空間で生活を始めるのですから、今まで良好だった関係が同居によって損なわれてしまうようでは元も子もありません。お互いがどこまでなら共有しても快適に生活していけるのか、その線引きが重要になってきます。

 

 

二世帯住宅を検討するときにまず知っておきたいこと

二世帯住宅にはどんな種類があるの?

一般的に二世帯住宅には3種類のタイプがあり、完全同居タイプ一部同居タイプ完全分離タイプがあります。

 

完全同居タイプは建物内の玄関やキッチン・浴室・トイレなどの水廻りなどの全ての空間を共有して使用するタイプになります。リフォームにお金のかかる玄関や水廻りが一つで済むので費用面では一番コストがかからずに済みます。

 

水廻りのスペースに2倍場所を取られることが無いのでお互いの空間も余裕をもって設計することができます。しかし、お互いのプライバシーはほとんどなくなるので、これから同居を始めるような方にはストレスを感じやすい間取りとなるかもしれません。

 

一部同居タイプは建物内の玄関は共有とし、その他水廻りなどの一部の空間を共有して使用するタイプになります。親世帯と浴室は共有しても食事の時間帯が違うためキッチンは別にしたいなどと言った場合はこのタイプに当てはまります。コストを削減しつつ、親世帯との距離を適度に保つことができます。

 

完全分離タイプは玄関を別々に用意し、水廻りなどの設備も全て別で設けるタイプになります。同じ建物内でも完全に生活スタイルが分かれるので、マンションの隣同士に住んでいるような状態になります。室内に鍵付きのドアなどを設ければ玄関を介さず行き来も可能になります。勝手にプライベートスペースに入られるのがあまり好みでない方や、お互いのプライバシーを重視したい方におすすめの方法になります。

 

自分たちに合ったスタイルはどのタイプなのかはどう決めればいい?

まずはリフォーム予定の建物がどのくらいの大きさがあるのかを確認し、現実的に水廻りなどを別々にできるのか考えます。多くの場合は水廻りを全て別々にはできないくらいの大きさの家が多いため、水廻りのどれかは共有して使用する形でないとスペースが足りず部屋を作ることができないでしょう。増築する予算と敷地の余りがあるのであれば、一階に増築を検討されても良いかと思います。

 

また、まだ小さいお子様がいる家庭で共働きの場合は親世帯と一緒に子供の面倒を見ていきたいという場合や高齢になってきた親世帯を近くで見守りたいというような場合は、密に関係を築いていけるように共有部分を設けたタイプの方が合っているでしょう。

 

リフォームの場合は既存の建物を利用して二世帯を検討していかなければならないので、完全同居タイプか一部同居タイプのどちらかで検討することになるはずです。

 

その中で、どの部分を共有していくのかを相談すると良いでしょう。

 

 

共有部分や専有部分にするのにおすすめのスペースはどれ?

お互いの生活スタイルにもよりますが、お子様の面倒を親世帯と子世帯が共同で見ていく場合は、お子様を含めた全員が一家団欒のひとときを過ごすことができるダイニングが共同となっていると、家でのお子様の状況を食事の時間を介して共有できるのでおすすめです。

 

ダイニングは親世帯と子世帯ともに座ることのできるスペースを設けるものの、親世帯用に別にミニキッチンも設けておくと、お湯を沸かしたり簡単な炊事をしたり、キッチンを別々に使うことができるためお互い気兼ねなく使用できます。お子様が大きくなりあまり三世代一緒に食事をとる機会が無くなってしまったとしても、お互いに食事を取ることも可能です。

 

リビングは定年後家での時間が一番多くなる親世帯にとっては家で一番重要な空間でしょう。テレビを見る時間も多くなるでしょうから、子世帯とテレビの好みが違っても良いようにリビングは別にされることをおすすめします。

 

また、トイレなども人数が増えるため各世帯に一つの計2箇所はあると良いと思います。

 

浴室はよっぽど共用で良いと思いますが、仕事の都合などで毎日深夜にしかお風呂に入れないなど親世帯とあまりに生活リズムが違うようであれば、浴室も別に設けるか、親世帯の寝室と浴室の位置を離して音が響いて迷惑がかからないように設計することをおすすめします。

 

お子様が小さいうちはどうしても騒がしくなるものなので、子供室も同様に親世帯の寝室の位置からは離すことをおすすめします。

 

玄関の付近に親世帯の生活スペースを設けると、遅く帰宅した時などに帰りづらいなど気を遣うことが多いようなので、親世帯が寝静まった後に帰宅するような生活スタイルの方は玄関を別に設けるか、親世帯に迷惑のかからない共有スペースを玄関付近にもってくるなど部屋の配置に配慮するようにしましょう。

 

間取りとは関係ありませんが、インターホンやポストなども世帯ごとに設けることをおすすめします。お互いの配達物が一つのポストに入ると結構な量になる事と、届いた郵便物を勝手に見られたくない人などお互いのプライバシーに配慮してポストは二つ設けましょう。また、どちらの来客か明確にするためにもインターホンは二つある方が優しいですね。

 

毎日気を遣いながら生活をするのは大変なので、極力気を遣わないで済むような間取りを考えていきたいものです。

 

 

二世帯住宅にするときにかかる費用はどれくらい?

二世帯住宅にするときは、最低でも予算は1000万円程度みておいた方が良いでしょう。水廻りをどれだけ新しくするかにもよりますが、多くの場合が水廻りを一新されます。

 

キッチンを共用にする場合には収納を増やさなければならないことや、親と子の互いが使いやすい高さのキッチンを選ぶ必要があります。浴室ももし小さければ広くするでしょうし、トイレも2つになるようにリフォームするでしょう。

 

なんだかんだ水廻りは元々新しい場合を除きフルリフォームの可能性が非常に高くなります。また、親世帯と子世帯のプライバシーが保たれるよう世帯間を分ける位置には間仕切壁やドアを新しく設けたり、各世帯用に部屋の広さを変えたり内装を変えたりしていると、外壁や屋根やサッシを除く内装のほとんど全てを一新するような状況になります。

 

そうなると、水廻りのリフォームだけでも450万、新しくミニキッチンやトイレを設けるとさらに200万、内装やその他諸々で200万程度かかるとして、最低限850万円必要になります。これは設備機器のグレードを一番抑えた状態での価格なので、実際にお互いが納得いく仕様にこだわると1000万円は用意しておきたいものです。

 

玄関を新しく設置しようと思うと、設置する場所にもよりますが玄関ポーチなども必要になるので100万弱はかかるでしょうし、玄関スペースに室内スペースを取られ部屋もどんどん狭くなります。

 

10㎡未満は増築しても確認申請の必要がないので増築したとしても、約6帖の増築には300万円程度かかります。

 

これらのことをふまえ二世帯住宅へリフォームを希望する際は、予算は1000万円以上を目安に検討するようにしましょう。

 

二世帯住宅の為のローンや減税措置などもありますので、それらも利用していけば少しはリフォームの負担も軽くなるのではないでしょうか?

 

 

まとめ

共働きの家庭が増え、子育てを協力して行っていける二世帯住宅の需要は意外にも多いものです。親世帯と子世帯が気持ちよく暮らせるように話し合ってリフォームを検討しましょう。

 

リフォーム会社へ相談される際は親世帯と子世帯が一緒にヒアリングに参加してしまうと相手の意見を聞き自分の意見を言いにくくなってしまうことがあるので、別々でヒアリングをしてもらうようにすると本音で要望を伝えることができおすすめです。

-リフォームコラム

Copyright© Refo-Reno , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.